2018/08/10

村岡高校生とコラボ『水にうかぶライト【和雲】』お披露目会/湯村温泉「井づつや」


※写真:井づつやさんホームページより

夏前からずーーーーっとご無沙汰していました。
カクカクシカジカ飛び回りつつ、試作製作に追われています!

今年度の村岡高校生との紙漉授業ではいつものマラソン賞状に加えて、新たな試みにみんなでチャレンジ中。
去年度最後の授業で提案された「ナイトプールでうかぶライト」の実現を目指して、水に浮かぶ和紙、更に小さなライトを入てプカプカ浮かべる・・・
形は折り紙でつくる「風船」。
正直、簡単にできると思っていたけど、これがこれが。
試行錯誤の毎日。
というのも、「コレいける!!」とみんなで確信した時から「この辺りでナイトプールは難しそうだけど温泉はどうか?」という案もあり、ではプールも温泉もあって、いろんな方に見てもらえる、お隣町・新温泉町湯村温泉の老舗「井づつや」さんでお披露目したい!!という目標に、先生も学生さんもまっしぐらーー
その情熱が伝わって、プールと温泉はさておき、館内の水路に浮かべて展示させてもらえることに。
もう、すぐ沈んじゃう訳には行かなくなって、必死に試作しているという訳です。

どうにかこうにか、井づつやさんでのデモンストレーションではいい感じになったようだけど、まだまだ試作は続く。

ーーーーーーーーーーー

『水にうかぶライト【 和雲 -Waku- 】』お披露目会
 新温泉町・湯村温泉「井づつや」さん
2018.08.16.(木) 18:00〜21:30

■井づつやさん紹介ページ
https://www.izutuya.com/news/374/

ーーーーーーーーーーー




そしてこの授業の時にスペインからの紙づくりアーティスト・オルガさんが来られて、交流しつつ、ライトの名前をオルガさんにいくつか候補があるなかから選んでもらって、「和雲」と命名(高校生考案)。
高校生が発信する香美町公式インスタグラム「kamista_link」にもアップしてくれてます!
https://www.instagram.com/p/BlaPslMlhXx/?hl=ja&taken-by=kamista_link

以下、高校生からの紹介文。

ーーーーーーーーーーー

 私たち村岡高校生は、神戸から香美町・長須集落に移住してきた本多秋香(ほんだ あいか・香美町地域おこし協力隊OG)さんに教えてもらいながら、和紙の紙漉きを行っています。「村岡ダブルフルウルトラランニング」の賞状を作ったり、地域の小学生とハガキを作ったりしています。
 和紙は、水を張った漉槽(すきぶね)に、楮(こうぞ)の木の繊維をたたいてほぐしたものと、花オクラ(トロロアオイ)の根をつぶして作った粘液をまぜて、それを簀桁(すげた)という木枠の道具で汲み取って漉いていきます。原料を汲み取った簀桁を揺することによって、楮の繊維と繊維がからまり、丈夫な和紙になります。
 和紙はノリなどの接着剤を使用せず繊維を絡めているだけなので、水につけると溶けてしまいます。昨年流行ったナイトプールのように、水の上に浮かべることができたら、と思って試行錯誤を重ねました。それが「和雲(Waku)」です。エゴマ油などの力を借りると、雲のように水の上でゆらゆら浮かぶんです。中にはLED電球が入っています。とっても小さくって、かわいいでしょ!
 和紙の持っているあたたかさを伝え、和紙を通してたくさんの人とつながり、地域の魅力を発信できたらと思っています。

「兵庫県立村岡高校ホームページ」
http://www.hyogo-c.ed.jp/~muraoka-hs/ 

ーーーーーーーーーーー

なかなか活動の発信が進まず反省しつつ、もうしばらく行動優先!ボチボチ報告します〜〜!

0 件のコメント:

コメントを投稿